お水の宅配、留守がち家庭で受け取りが大変

お水の宅配、留守がちですけど大丈夫?

ウォーターサーバーを設置した場合のお水の宅配は、通常の宅配便と同様に、だいたいではありますが、配達時間の指定が出来ますので、殊更に難しく考える必要はありません。問題になるとすれば、たとえばネット通販でペットボトルの水を購入する際のように、大量の買い置きが出来ない、という点です。

ペットボトルの水は、開封さえしなければ半年でも1年でも持ちます。なので、一度に20本とか30本とかの買い置きが可能です。ひと月に20本、つまり40リットルを消費するとしても、一度に100本頼んでしまえば、宅急便を受け取る頻度は少なくて済みます。(そのボトルを置いておくスペースの問題は残りますが)

ところがウォーターサーバー用のボトル宅配は、ひと月に最低でも2本は頼んでくださいね、という業者がほとんどです。3本頼んでくださいね、という業者もあります。もちろん一度に10本を注文する事も出来ますが、来月には、また2本を必ず注文しなければなりません。口にするものですから、宅配ボックスなどに入れておいてもらうというのも、出来れば避けたい所です。

実は筆者の自宅も相当に留守がちなのでよく分かるのですが、そういうご家庭で、毎月、必ず家に宅配便が届くというのは、かなり面倒な事には違いありません。

留守であれば、配達業者が不在通知を残して、自社の配送センターへいったん持ち帰ってしまいますので、電話を掛ければその日に再配達してもらえますが、筆者の場合は、さらにそれも面倒なので、クルマで配送センターへ取りに行くこともしばしばです。

ちなみに、そういう規制の無い業者もありますが、そちらの場合は、ボトル1本の単価を、他よりも高く設定しています。