料理に使えるミネラルウォーターとは

ウォーターサーバー、料理に使ってみてあらビックリ!

水には、大きく分けると、硬水と軟水があります。硬水とは、カルシウムやマグネシウム、カリウムなど、ミネラルの含有量が多いものを言い、特に、カルシウムとマグネシウムの含有量を数値化した値を「硬度」と呼びます。

硬度の高い水が「硬水」で、ほどほどのものを「中硬水」と呼んだりします。同じ硬水でも、ナトリウムが多いと塩味を感じ、マグネシウムが多いと苦味を感じます。どちらにしても、少しクセのある味で、逆に、日本の水道水は、ほぼ軟水です。ミネラル分が少ないためクセも無く、日本の水が美味しい、と言われているのはそのせいです。

水道水のおかげで、日本人は軟水に慣れ親しんでいますし、実際に、そのまま飲んでも、お茶を入れるにしても、ごはんを炊くにしても、出汁を取るにも、魚を煮るにも、豆を煮るにも、軟水が適しています。硬水は煮崩れし難いらしく、ポトフやシチューなど、長時間の煮込み料理に合うようです。

ウォーターサーバーで宅配される水も軟水が多いのですが、硬水を選ぶことも可能です。せっかくわざわざ水を買うのだからと、ミネラル分の多いものを選ばれる方も居られるでしょうし、たまには贅沢して、ミネラルウォーターでご飯を炊いてみようとされる場合もあるでしょうけれど、硬水を使って、普通にお米を炊いてしまうと、水に含まれるカルシウムがお米の表面に付着することにより、水分の吸収が阻害され、粘りの無いパサパサのごはんに炊き上がってしまいます。

またカルシウムは、旨味成分であるグルタミン酸やアミノ酸と結合して「アク」となって捨てられてしまいますので、うっかりお味噌汁などに硬水を使ってしまうと、せっかくの料理が台無しになってしまいます。