水の価格についての考察

ウォーターサーバー考察、安全で美味しいお水を一番お得に!

日本では、どこの水道の蛇口を捻っても、いつでもきれいな水が出てきます。その水を使って、食器を洗ったり、ごはんを炊いたり、お茶をいれたり、お風呂に浸かったりしています。もちろん、そのままゴクゴクと飲む人だっています。そういう国は珍しいようです。

水の安全性についても、水道水に求められている基準値は、市販のミネラルウォーターなどよりも遙かに厳しく定められています。ならば、ミネラルウォーターの方が不安かというと、そういう事では無く、水道水は「国が責任を持ちますよ」という事で、ミネラルウォーターについて国は知りませんから、何かあったときは、それを販売する個々の企業が責任を持ってくださいね、という意味です。

水道水には、雑菌の繁殖を防ぐために、塩素の添加も義務づけられています。ミネラルウォーターには、塩素は入っていません。ただし、塩素は空気に触れるとすぐに揮発してしまいますので、たとえばコップに水を汲んで少し置いておくだけでも、塩素はすぐに抜けてしまいます。

昔は、浄水技術が今ほど発展していなかった為、確かに「水道水は塩素臭い」という事もありましたが、今ではごく少量に抑えられていて、塩素の味がする、という事は、ほとんどありません。

水道水もミネラルウォーターも、安全面においては殊更に心配するようなものではありません。では逆に、どちらが健康に良いのでしょう。

ミネラルウォーターには、水道水よりもミネラル分が多く含まれています。しかし、ミネラルを身体に取り込む場合は、食物からの場合がほとんどで、水に含まれるミネラル分は、ほぼそのまま排出されてしまいます。

ミネラルウォーター以外でも、プラス要因とされるものを含んだ水、たとえばマイナスイオン水や、クラスター水、波動水などなど、いろんな市販の水がありますが、それらのいったい何が身体に良いのかというと、実は、その科学的な裏付けは何も無いというのが現状です。即ち、安全面とか栄養面を理由にミネラルウォーターを選ぶのは間違いかも知れない、という事になります。

ミネラルウォーターを選ぶにあたっては、たとえばお茶やジュースを選ぶように、その水自体の味を楽しむため、つまり、嗜好品の感覚で選ぶのが良いように思います。また、その味に加えて、入手の容易さ、価格、サーバーの使い勝手の良さなども大きな要素になります。

ミネラルウォーターは、ペットボトルで購入するとなると、やはり重くて運搬が大変です。通販で購入するとしても、冷蔵庫の中ではかなりの場所を占拠してしまいすし、お湯を沸かす場合の手間も掛かります。

ウォーターサーバーであれば、たとえば一度12リットルのタンクを設置してしまえば、2リットルのペットボトルに比べると、単純に6倍も長く持つわけですし、いつでもコックを捻るだけで冷水と温水がすぐに使えます。

お水のタンクは毎月家庭に配達してくれて、電気代も湯沸かしポットと、さほど変わりません。もちろん、全体の金額としては少々割高になりますが、その利便性を考えれば、十分に選択の余地があります。